このプロジェクトについて

概要

自然環境は、さまざまな恵みを私たちの暮らしや社会にもたらします。 一方、洪水・土砂災害・高潮などの自然災害は災いとなり、気候変動にともなう災害の増加が心配されるなか、自然災害リスクへの適応が求められています。

私たちは、「生態系がもつ多様な機能を活用する防災・減災(Eco-DRR:Ecosytem-based Disaster Risk Reduction)」に注目し、豊かな自然の恵みと防災・減災が両立する地域社会の実現に向けて研究を行っています。

多くの地域社会で進行しつつある人口減少や財政問題などの社会的課題は、これからの防災・減災を考える際にも大事な視点であり、土地利用のあり方が深く関係しています。

私たちの研究プロジェクトは、自然の恵みと防災・減災を両立するための土地利用のあり方の検討を通して、災害に強くしなやかで自然の豊かさを享受できる地域社会の発展に貢献することを目的としています。

今後の計画

現在、J-ADRESでは、大雨がもたらす洪水に関する「災害からの安全度」と生態系・生物多様性がもたらす「自然の恵みの豊かさ」を評価しています。「災害からの安全度」は、今後、土砂災害や高潮災害についても評価する予定です。

なお、今回の評価は2010年頃の土地利用を対象としています。今後、将来(2050年頃)の土地利用についてシナリオ分析を行い、土地利用の工夫によって、自然の災いを避けながら自然の恵みを享受することの可能性を評価する予定です。