関連の刊行物・資料

私たちの研究プロジェクトに関わるさまざまな刊行物・資料を一覧にまとめています。
「生態系を活用した防災減災(Eco-DRR)」へのご関心やご興味に
お応えできればと思います。ぜひご覧ください。
詳細ページより、閲覧可能なリンクをご紹介しています。

地域の歴史から学ぶ災害対応比良山麓の伝統知・地域知

それぞれの地域では、長い時間をかけて人々が自然の恵みや災いと付き合うための豊富な知識が蓄積されてきました。本書は地球研Eco-DRRプロジェクト研究調査地である比良山麓において、地形や文化、歴史資料から暮らしを読み解くことで、地域の人々がいかに自然の恵みを利用しながら災害に対応してきたかを古文書や古絵図、写真を用いて分かりやすくまとめた内容になっています。

発行:総合地球環境学研究所 Eco-DRRプロジェクト
(日本語版)2019年8月 (英語版)2020年8月

詳しくはこちら

地域の歴史から学ぶ災害対応松浦川の伝統知・地域知

シリーズ「地域の歴史から学ぶ災害対応」の第2回。本書では、佐賀県を流れる松浦川流域において、地域の人々が川の恵みを受けつつ災害を避けてきた歴史を読み解きながら、地域に残る数々の伝統知・地域知を紹介しています。近年、自然災害が頻発するなか、過去から現在に、そして未来につながる防災減災の知恵と技術を学べる内容となっています。

発行:総合地球環境学研究所 Eco-DRRプロジェクト(2020年12月)

詳しくはこちら

自然とかかわり豊かに暮らす
北総地域における里山グリーンインフラの手引き【谷津編】

地形、水の循環、生物などの自然を賢く活用した「グリーンインフラ」は、気候変動や災害リスクが高まる将来の社会を安全で豊かにする役割が期待されています。また、災害時のみならず、ふるさとの風景や自然のふれあいなど、地域の魅力向上にも役立ちます。本冊子は印旛沼・手賀沼流域をはじめとする千葉県北部(北総地域)の特徴的な地形である「谷津」のグリーンインフラとしての活用のポイントと意義を解説しています。

発行:総合地球環境学研究所 Eco-DRRプロジェクト(2020年3月)

詳しくはこちら

グリーンインフラ技術レポート

「持続可能な社会と経済の発展に、自然が持つ多様な機能を利用する」ことを目的とするグリーンインフラには、多様な機能をうまく引き出す技術や、地域の実情に即して臨機応変に用いられる技術体系の構築が求められます。本技術レポートは、グリーンインフラに関わるコンサルタント企業6社の実務者と地球研Eco-DRRプロジェクトの研究者の協働により作られました。

発行:総合地球環境学研究所 Eco-DRRプロジェクト(2020年6月)

詳しくはこちら

Mountains, water and people
〜山と水と人のつながり〜

琵琶湖周辺の里山には、山−川−湖がつながった固有の生態系、そして長年にわたる人と自然とのかかわりのなかで育まれてきた文化があります。国際的な実績をもつ映像ディレクターとともに地元の人々を取材し、対話を重ね「山と水と人のつながり」をテーマに映像記録を作りあげました。本冊子は、映像「山と水と人のつながり」を紹介するパンフレットとして発行したものです。

発行:総合地球環境学研究所 Eco-DRRプロジェクト(2020年3月)

詳しくはこちら

比良山麓石工鳥瞰図

地球研 Eco-DRRプロジェクト研究調査地である比良山麓には、石の文化が残っています。それらは災害を防ぐための堤や水路に活用されました。本書では、石材を製作した石工の仕事についての聞き取りや江戸期の絵図を通し、暮らしの中で自然の脅威と恵みに向き合った姿を、イラストや鳥瞰図を交えたリーフレットにして分かりやすく紹介しています。

発行:総合地球環境学研究所 Eco-DRRプロジェクト(2019年3月)

詳しくはこちら

自然を活かして防災する―災害と恵みのかかわり―

自然環境は、さまざまな恵みを私たちの暮らしや社会にもたらします。 自然の恵みの一つに自然災害の抑制があり、「生態系を活用した防災減災(Eco-DRR)」が注目されています。気候変動によるさらなる自然災害の懸念のみならず、人口減少や財政問題などの社会的課題はこれからの防災減災のあり方にも影響します。 シンポジウムでは、国内外の事例を踏まえ、これからの人と自然災害や自然の恵みのかかわりについて議論しました。

発行:総合地球環境学研究所 Eco-DRRプロジェクト(2019年3月)

詳しくはこちら

Eco-DRR×金融・保険公開シンポジウム自然豊かでレジリエントな社会に向けた
ファイナンス先進事例に学ぶ

本書は、2019年12月4日に行われた公開シンポジウムの講演録です。メキシコのサンゴ礁保険と米国の森林レジリエンスボンドの2つの先進事例を紹介する講演とともに、国内外の有識者を交えたパネルディスカッションで、「生態系を活用した防災減災(Eco-DRR)」を実現するための新しい金融・保険について議論しました。講演録では、これらの内容を紹介しています。

発行:総合地球環境学研究所 Eco-DRRプロジェクト(2020年4月)

詳しくはこちら

第78回地球研市民セミナー
「自然を活かして防災する:災害と恵みのかかわり」

地球研では、地球環境問題を具体例に則してわかりやすく解説する「地球研市民セミナー」を年に数回開催しております。2018年10月11日に開催した本セミナーでは、「生態系を活用した防災減災(Eco-DRR)」の考え方や事例をご紹介しつつ、自然災害と自然の恵みの視点から、これからの人と自然のかかわり方についての講演を行いました。本セミナーは動画にてアーカイブ視聴が可能です。

主催 総合地球環境学研究所
講師 吉田丈人(総合地球環境学研究所・准教授/
東京大学大学院総合文化研究科・准教授)

詳しくはこちら

決定版!グリーンインフラ

人口減少や少子高齢化、自然災害のリスク増加、地球温暖化、地域間競争の激化といった多様な社会問題の解決として、「グリーンインフラ」が期待されています。産官学の識者が集まったグリーンインフラ研究会は、グリーンインフラの包括的な概念を整理し、各フィールドで様々な活動を実践してきました。本書では、国内外のグリーンインフラの先進事例を紹介するほか、これからのグリーンインフラの将来像やビジネスチャンスについても詳説しています。

発行:日経BP社(2017年1月)

詳しくはこちら

実践版!グリーンインフラ

気候変動に伴う自然災害の増加、人口減少・少子高齢化による土地需要の変化や地域経済の停滞、疫病による健康被害など、日本にはさまざまな社会的課題が山積しています。それらの解決に寄与すると期待されているのが、自然が持つ多様な機能を活用したインフラや土地利用計画を指す「グリーンインフラ」です。多くの関係者による普及・事業化によって、今では国も巻き込んだ大きな潮流となっています。本書では、51人の第一線の実務家や専門家が実践してきた事例を紹介しながら、知見やノウハウを伝授します。

発行:日経BP社(2020年7月)

詳しくはこちら

BIOCITY ビオシティ 86号NbS 自然に根ざした解決策 生物多様性の新たな地平

本書は、2021年1月に開催された生物多様性のための「ワン・プラネット・サミット」において、各国首脳が言及し、注目が集まる「NbS 自然に根ざした解決策」について、その全容を総合的に解説した入門書です。NbS誕生の歴史と背景、支援するグリーンファンド、教育ツール、コロナ復興との関係など100点以上のカラー写真で紹介する世界の事例は必見。

発行:株式会社ブックエンド(2021年4月)

詳しくはこちら